1. トップ
  2. データ・資料
  3. 就活学生の6割以上が「勤務スタイル(出社かテレワークか)を意識する」と回答=学情調べ=

2022年8月31日

就活学生の6割以上が「勤務スタイル(出社かテレワークか)を意識する」と回答=学情調べ=

学情は30日、2024年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生計387人を対象に実施した、「勤務スタイル(出社かテレワークか)に関するアンケート調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、就活で「勤務スタイル(出社かテレワークか)を意識するか」を聞いたところ、30.0%が「意識する」と回答。「どちらかと言えば意識する」35.1%を合わせると、6割以上(65.1%)が、就活で勤務スタイルを意識していることが分かった。

「働き方の選択肢が多い企業は魅力を感じる」、「入社後は仕事を覚えるために出社したいので、出社の機会があるかを意識している」、「長く働ける企業に入社したいので、子育てをすることも見据えてテレワーク制度の有無は確認するようにしている」などの声が寄せられた。

また、「就職する企業での希望する勤務スタイル」を聞いたところ、「出社を基本とし、週に数日テレワーク」46.5%が最多だった。以下、「同割合で、出社とテレワークを組み合わせる」22.5%、「毎日出社」16.5%などが続いた。

「毎日テレワーク」は3.1%に留まり、多くの学生が出社の機会も得たいと考えていることが分かった。

「出社して直接話したほうが、信頼関係を築けると思う」、「毎日テレワークだと、コミュニケーションが図りにくいと思う」、「出社する機会があるほうが、メリハリが持てる」などの声が寄せられた。

人間関係を築いたり、円滑にコミュニケーションを図るために、出社して直接話す機会も大切にしたいという意向がうかがえる。

この調査は、2024年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生で、スカウト型就職サイト
「あさがくナビ2024」の来訪者を対象に、8月4日~25日にかけて、Web上でのアンケートという形で実施した。有効回答数は387人。

関連URL

「あさがくナビ(朝日学情ナビ)」

学情

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス