1. トップ
  2. 学校・団体
  3. ゴールドウイン、サステナビリティ教育を実践する「新しい学校の制服」を製作

2022年9月5日

ゴールドウイン、サステナビリティ教育を実践する「新しい学校の制服」を製作

ゴールドウインは、今年9月1日に開校した、サステナビリティ教育を行う学校「白馬インターナショナルスクール(長野県・白馬村)の制服を手掛けた。

同校は、プロジェクト型学習・社会性と情動の学び・アウトドア活動を柱に、サステナビリティ教育を推進する中高一貫のインターナショナルボーディングスクール。初年度は生徒20人、教員15人分の制服を製作した。

従来の学生服は、生徒が購入し着用するのが一般的で、子どもの成長に伴いサイズが合わなくなり、短期間で買い替えが必要になるなどの課題があることから、同校では、可能な限り制服を長く使い続けたいという想いのもと、学校が生徒に制服を準備し貸与する。

今回同社が製作した制服は、素材に「GREEN MATERIAL」(グリーンマテリアル)を採用。ペットボトルのリサイクルポリエステルと植物由来のポリエステルを合わせたポリエステル100%でできている。

制服は毎日着用することから、手入れが簡単で、洗濯後の乾きが速く、長く使える素材を使用した。

サイズが合わなくなった場合は、学校内で制服を着回したり、破れやほつれなどは同社のリペアサービスで修理したりしながら可能な限り使用。

また、制服として使用できなくなった場合は、同社が事業を通じた環境保存の取り組みとして行う、服のリサイクル活動「GREEN CYCLE」(グリーンサイクル)を活用して、新たな製品の原料にリサイクルする。

今回の制服作りは、同社のブランド「NEUTRALWORKS.」(ニュートラルワークス.)が、環境配慮に取り組みながら活動する企業や団体、スポーツや健康に関する活動をしている企業や団体などを、ユニフォームづくりでサポートする「N/UNIFORM PROJECT」(ニュートラルークス. ユニフォームプロジェクト)」の取り組みの一環として実施したもので、「CIRCULAR DESIGN STUDIO.」の協力を得て行った。

関連URL

「NEUTRALWORKS.」

白馬インターナショナルスクール

ゴールドウイン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス