1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 母子モ、「母子モ 子育てDX」のオンライン予約サービスが北九州市で提供開始

2022年9月8日

母子モ、「母子モ 子育てDX」のオンライン予約サービスが北九州市で提供開始

母子モは6日、同社が提供する自治体の子育て関連事業のオンライン化支援サービス「母子モ 子育てDX」の「オンライン予約サービス」が、福岡県北九州市の産前産後子育て支援ヘルパー派遣事業にて本導入されると発表した。同サービスは10月3日から提供を開始する。

福岡県北九州市では、2021年2月から母子手帳アプリ『母子モ』を導入し、『きたきゅう子育て応援アプリ』として提供している。また、2022年4月には同社と北九州市で、「『母子モ 子育てDX』による妊娠、出産、子育て分野のDX推進に関する連携協定」を締結し、第1弾としてアプリによる母子健康手帳交付の事前申請を開始している。

今回、同協定に基づくDX推進の第2弾として、産前産後子育て支援ヘルパー派遣事業での「オンライン予約サービス」を導入し、利用者のさらなる利便性の向上を図る。

北九州市では、“『子どもたちの未来を育み、みんなの笑顔があふれるまち北九州』-「子育て日本一を実感できるまち」の実現を目指して-”を基本理念とし、子どもの健やかな成長を社会全体で支えるまちづくりを進めている。同市では本年9月より、日中に家族などから家事や育児の援助が受けられない家庭にヘルパーを派遣し、家事や育児を援助することで保護者の育児不安や負担を軽減し、家庭や地域での孤立感の解消を図り、安心して子育てができるための支援として「産前産後子育て支援ヘルパー派遣事業」を開始する。

今回、産前産後子育て支援ヘルパー派遣をさらに便利に利用してもらうことを目指し、『きたきゅう子育て応援アプリ』を通じて、24時間365日どこからでもオンラインで予約ができる『母子モ 子育てDX』の「オンライン予約サービス」が導入され、10月3日からオンライン予約を開始する。

関連URL

母子モ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス