1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 情報科学の学習教材「ビーバーチャレンジ学習カード」を教育機関に期間限定で無料配布

2022年9月22日

情報科学の学習教材「ビーバーチャレンジ学習カード」を教育機関に期間限定で無料配布

情報オリンピック日本委員会は20日、同社が開発した小学生向け情報科学カード型教材500セットを教育機関に2023年3月31日まで無料配布すると発表した。

ビーバーチャレンジ学習カード

同教材は同会とCTC未来財団と共に国際情報科学コンテスト「ビーバーチャレンジ」から生まれたもので、プログラミングを学ぶ児童が情報科学とComputational Thinkingの考え方を協同学習するのに適した内容になっている。

同学習カードは、小学校1年~4年生向けの40枚のカードと小学校5・6年生向けの28枚のカードから構成されるもの。カードはグループワークでも利用しやすいようにA5サイズで、1枚のカードに選び抜かれた良問1題が掲載されている。題材はいずれも、情報科学とComputational Thinkingの考え方に基づくものであり、論理的思考力を育むとともに、プログラミングの基礎となる概念を学べるように工夫されている。

ビーバーチャレンジとは、小中高の児童・生徒を対象とした「情報科学」と“Computational Thinking”(計算論的思考)に関する課題に取り組むオンライン国際コンテスト。2004年にリトアニアで始まり、2021年度には54ヶ国から300万人以上が参加する大規模なものとなっている。同社では日本の児童・生徒、また、学校の教員に情報科学とComputational Thinkingに触れる機会を提供することを目的に、2010年から同コンテストを実施。情報科学に関連した親しみやすい問題に取り組むことで、情報科学とComputational Thinkingの基本概念に触れることを目的としている。『ビーバーチャレンジ2022』は11月14日~19日に開催予定。

詳細

関連URL

情報オリンピック日本委員会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス