1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 中央大学、Rome Call for AI Ethics (AIの倫理的ガイドライン)に署名

2022年11月9日

中央大学、Rome Call for AI Ethics (AIの倫理的ガイドライン)に署名

中央大学は7日、Rome Call for AI Ethics (AIの倫理的ガイドライン)に署名したことを発表した。

署名式の様子

10月26、27日に米国ノートルダム大学で開催されたGlobal University Summitで、Rome Call for AI Ethics (人工知能(AI)の倫理的ガイドライン)に関する講演やディスカッションが行われ、27日の署名式で同ガイドラインに署名。日本の大学で最初の署名機関だという。

Rome Call for AI Ethicsは、AIの設計、開発、導入に対する倫理的アプローチの確立を目指し、倫理、権利、教育にまつわるコミットメントを行い、国際機関、政府、機関、民間企業が共通の責任感を持って未来を創造していくことを目指している。

2020年にAI倫理の6つの原則、「透明性」「包含」「責任」「公平性」「信頼性」「セキュリティとプライバシー」を掲げ、バチカンが主導し、マイクロソフト、IBM、国連食糧農業機関(FAO)、ローマ教皇庁ライフアカデミー、イタリア政府が協賛して署名した。

同大学はSociety5.0を視野に、教育・研究の両分野においてAIリテラシーや未来の社会創造に向けてアプローチ。2019年に国際情報学部を設置、2023年4月からは大学院、国際情報研究科がスタートする。2020年にはAI&データサイエンスセンターを開設し、AI・データサイエンス全学プログラムを開講。2021年にはELSIセンターを開設して倫理的、法的、社会的問題について、OECD等のハイレベル会合での提言や最先端の研究に関するシンポジウムのほか、産官学を交えた社会連携活動を実施している。

関連URL

人工知能(AI)の倫理的ガイドライン

中央大学

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス