1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. すららネット、「努力量」が評価の基準「第19回 すららカップ」開催

2022年12月2日

すららネット、「努力量」が評価の基準「第19回 すららカップ」開催

すららネットは、12月1日から1月31日まで、学習時間や実施単元数などの努力量を競い合う「すららカップ」を開催する。

すららネットのICT教材を利用する世界中の子どもたちが、学年や居住地域を問わず、偏差値や点数ではなく「総学習時間」や「実施単元数」などの努力量で競い合う。学習に苦手意識を持っていたり、意欲が継続しにくかったりする子どもたちでも、仲間やライバルと挑戦し、頑張りや努力を認められることで、自身の可能性に気づき、学習意欲を高めることを目的として毎年開催している。

学習時間目標を達成すれば表彰される「ミッション達成賞」や毎日ログインして学習すれば表彰される「皆勤賞」などのほか、保護者が積極的な関与で子どもたちが努力できる環境を作れるように「ほめ上手大賞」という大人のアワードも設けている。同アワードは、昨年まで家庭学習ユーザーの保護者のみが対象だったが、今回から、学校や塾、放課後等デイサービスなどですららネットの教材を利用している子どもたちの保護者にも対象を拡大した。

2カ月にわたる頑張りは、12月中旬と1月中旬頃に中間発表を行い、2月18日に最終結果発表と授賞式をオンラインで実施する。対象は「すらら」「すららドリル」「ピタドリ」「Surala Ninja!」で学習する子どもたちと保護者。

関連URL

「すららカップ」特設サイト

すららネット

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス