1. トップ
  2. 学校・団体
  3. atama plus、立命館大学が「学部指定単元AI学習プログラム」を取り入れた新AO入試の結果を公表

2022年12月14日

atama plus、立命館大学が「学部指定単元AI学習プログラム」を取り入れた新AO入試の結果を公表

立命館大学13日は、各学部での学びにとって特に重要な指定単元を学習・修得する「学部指定単元AI学習プログラム」(UNITE Program)を出願要件に取り入れた総合型選抜(AO選抜入学試験)の実施結果と分析内容を公表した。

同大は、atama plusと協働で、2023年度入試(2023年4月入学)から、AI教材「atama+」(アタマプラス)で、重要な指定単元を学習・修得する「学部指定単元AI学習プログラム」を出願要件に取り入れた新AO入試を今年度からスタート。11月2日に合格者37人を発表した。

同入試は、学科試験を実施しない総合型選抜で、大学入学後の学びの質を高めるために重要な基礎学力を、科目の各単元レベルまで細分化し指定したうえで、入学前にしっかり身につけてもらうのが目的。

学部での学びで、特に重要な単元を指定し学習・修得することを出願要件に取り入れた入試、また、AI教材「atama+」を活用した入試は全国初。高校で学んできた科目等の「履修歴」ではなく、指定単元の「修得」を出願資格とすることで、受験生は学ぶ意欲さえあれば、履修歴にかかわらず、誰でもチャレンジできる。

今年度のプログラム受講者は、全国36都道府県から227人と、当初期待の2倍を大きく上回った。通信制やIB校など、普通科(全日制・単位制)以外の高校種別の生徒が全体の12.8%を占めており、履修歴ではなく指定単元の修得を出願資格とすることで、多様な学習背景を持つ生徒に機会を提供できる結果となった。

プログラム受講者のatama+での学習データを分析した結果、修了者の90%は指定単元の修了まで10日以上の継続的な学習を要していた。また、単元ごとに実施される修得認定試験(期間内は何度でも受験可能)を全て1回で合格した受講生はおらず、修了するために何度も取り組む必要があった。

このように修了までに一定の学習を要するプログラムだが、それでも諦めずにチャレンジしようとする受講者の学習意欲の高さも確認できる結果だった。

また、合格者のアンケート結果からは、約3分の1が学習指定科目(今回の指定科目は数学)に苦手意識を持ちながらも、当該学部で学ぶ意欲を持ちチャレンジしていることが分かった。

同入試の選択理由については、「志望学部の学びに数学的素養が必要となることを知り、入学前にしっかり学べる点に魅力を感じたから」、「志望学部に必要な数学の素養を知ったが、商業高校で数学を十分に学べていなかったから」といった声が寄せられ、大学での学びにつながる学習への関心の高さがうかがえた。

関連URL

「新AO入試」結果の詳細

立命館大学

atama plus

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス