1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 立命館大、AI学習システム「atama+」を活用した新AO入試を2023年度から開始

2022年3月30日

立命館大、AI学習システム「atama+」を活用した新AO入試を2023年度から開始

立命館大学は29日、AI学習システム「atama+」(アタマプラス)を活用した総合型選抜(AO選抜入学試験)を、2023年度入試(2023年4月入学)から開始すると発表した。

左から伊坂 立命館副総長 兼 立命館大学副学長、森島 立命館理事長、稲田 atama plus代表取締役CEO

同学を運営する立命館とatama plusは、2020年12月に設立した「新しい高大接続と入試の在り方を考える共同研究会」の報告会見を29日に行い、その中で、「atama+」を活用した同学の新AO入試を2023年度からスタートさせることを明らかにした。

各学部での学びで特に重要な単元を指定し学修することを出願要件に取り入れた入試、また、「atama+」を活用した入試は全国で初めて。

「atama+」を活用することで、受験生ごとに異なる学習歴があっても確実に各単元を修得することができ、大学側も単元レベルでの修得有無を確認できるようになる。

受験生にとっては、高校までの学習が入試のためだけでなく、大学入学後の学びにどうつながるのかを具体的にイメージできるようになる。

同入試は、立命館大とatama plusが提供する「学部指定単元AI学習プログラム」(UNITE Program)で、受験生が「atama+」を活用して、各学部が指定する教科の単元を学習・修得することが、出願要件のひとつになる。

今年度の「UNITE Program」で対象となる教科は「数学」で、学部の専門分野を学習するために、数学的素養がかなり重要となる、経済学部・スポーツ健康科学部・食マネジメント学部で導入する。

また、合格者を対象に、「atama+」を活用した入学前教育も実施。同大が実施する多様な入試方式の中でも、この入試は、学部での学びでリーダーシップを発揮する、数学的素養、データリテラシーを持つ(持つ意欲のある)学生の入学を求めるという。

新AO入試の概要

開始年度:2023年度入試(2023年4月入学)の総合型選抜(AO選抜入学試験)
対象:2023年3月31日までに高校などを卒業・卒業見込みの生徒
実施学部:経済学部(経済専攻)、スポーツ健康科学部、食マネジメント学部
科目:数学Ⅰ、数学A、数学Ⅱ、数学B
募集人数:6月下旬の「入学試験要項」で公開予定(プログラムの出願人数は無制限)
特設サイト:4月1日(金)に開設予定

各学部が指定する単元の詳細

関連URL

立命館

atama plus

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス