1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. ICT教材「すらら」、不登校支援で注目を集める熊本市教委が本格運用を開始

2022年12月19日

ICT教材「すらら」、不登校支援で注目を集める熊本市教委が本格運用を開始

すららネットは16日、同社のICT教材「すらら」が、熊本市教育委員会の不登校支援事業「フレンドリーオンライン」で採用され、本格運用が始まったと発表した。

ICT教材「すらら」を使って自宅学習する様子

文部科学省「2021年度 問題行動等調査」によると、小中学生の不登校は過去最多の24万人超で、熊本市も過去最多の2152人となり増加傾向にあるという。

同教委は、登校が難しい児童生徒への学習支援として、周囲とつながりながら、自分のペースで学びを進める機会を保障するために、2021年度から、「すらら」をトライアル利用したオンライン学習に取り組んできたが、個別最適化した学びと学力の定着に有用性が認められたことから、今回、本格運用をスタートさせた。

また同教委は、すららネット、NTTコミュニケーションズ、Inspire Highとともに、不登校児童生徒の支援環境の充実を目的とした最先端技術や教育データを効果的に活用する実証事業「バーチャル教室」を、同日から開始した。

同事業は、文科省の次世代の学校・教育現場を見据えた先端技術・教育データの利活用推進事業の一環として行うもので、バーチャル空間では、児童生徒が自由に集まり、児童生徒同士で話ができるコミュニケーションの機会を作り、集団生活への慣れを育成していく。

「すらら」での教科学習データのほか、各種学習データを一元管理するダッシュボードでは、児童生徒の学習状況や変容を「見える化」し、一人ひとりに合った効果的な支援を行う。

「すらら」は、アニメキャラクターが講師となって教えるレクチャー、理解度を確認するドリル、学びを活用できるようにするためのテスト―の3つの機能がある。現在、個人ユーザーの約36%が不登校生で、直近3年間で8倍以上の約1500人に急増している。

関連URL

熊本市教育委員会

すららネット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス