1. トップ
  2. データ・資料
  3. 今春入学の小学生、ランドセルは「6万円台」が最多=こどもりびんぐ調べ=

2023年1月23日

今春入学の小学生、ランドセルは「6万円台」が最多=こどもりびんぐ調べ=

こどもりびんぐは20日、同社が発行する幼稚園・保育園児の保護者向け情報誌「あんふぁん」と「ぎゅって」が、2023年度に小学校に入学予定の子どもを持つ親412人を対象に実施した、「ランドセル購入に関するアンケート調査」の結果をまとめ発表した。


それによると、同調査を実施した2022年12月時点ですでにランドセルを購入した349人のうち、ランドセルの資料請求をした人は57.0%で、資料請求時期は2021年12月以前(年中/4歳児クラス時)〜2022年3月(年中/4歳児クラス)までに請求した親が53.4%に上った。


調査時にすでにランドセルを購入(予約)した親は84.7%。購入時期は2022年5月が最多で、次いで2022年4月、8月と続いた。多くの親が「満足がいくランドセルが選べた」と答えた一方で、「子どもが選んだものが親としては不満」「子どもが満足するものを選べたか分からない」という声も寄せられた。


また、実際に購入したランドセルの価格帯は、「6万円台」27.1%が最多で、以下、「5万円台」19.9%、「7万円台」16.1%、「8万円台」10.1%などと続き、「10万円以上」も2.6%いた。


主な出資者は、「両親」35.7%、「父親側の祖父母」32.9%、「母親側の祖父母」27.4%がほぼ並んだ。

入学予定の小学校がランドセル指定かを聞いたところ、「ランドセル指定ではない」との回答が48.3%に上った。

「革ではなく、ナイロンやポリエステルでできた通学用バッグがあることを知っているか?」との質問には、73.0%が「知っている」と回答。また、「子どもに(通学用バッグではなく)ランドセルを使ってほしいと思うか?」と聞いたところ、72.3%が「はい」と答えた。

「ランドセルを使ってほしい」理由については、「日本の文化の1つだと思うから」「小学生のシンボルだから」「6年間使うものなので、長持ちしてほしいから」という声が集まった一方で、「いいえ」と答えた親からは、「通学バッグの方が軽く、体に負担がかからなそうだから」などの意見が挙げられた。

この調査は、「あんふぁんWeb」と「ぎゅってWeb」の会員で、4月に小学1年生になる子どもがいる全国の親を対象に、2022年12月にWebアンケートの形で実施した。有効回答数は412人(29歳以下0.7%、30〜34歳16.5%、35〜39歳43.2%、40〜44歳28.4%、45歳以上11.1%)。

関連URL

調査結果の詳細

「あんふぁん」

「ぎゅって」

こどもりびんぐ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス