1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スプリックス、国際基礎学力検定「TOFAS」第9回を2月17日から実施

2023年2月6日

スプリックス、国際基礎学力検定「TOFAS」第9回を2月17日から実施

スプリックスは、国際基礎学力検定「TOFAS」の第9回検定を、2月17日から実施する。

「TOFAS(Test of Fundamental Academic Skills)」は、基礎学力を測定・評価する国際検定で、実施国数はのべ32、累計受験者数は30万名を超える見込み。

正答率や合否結果に加え、受験データを分析し、学力向上に必要な「のびしろ」をフィードバック。分析結果を一人ひとり個別に可視化することで、基礎学力の確実な定着につなげていくという。

TOFAS第9回検定 概要

受験日:2月17日(金) ~ 2月23日(木)
申込締切:2月14日(火)
対象科目:計算、英単語、漢字・語い
検定時間:各40分
合格ライン:正答率80%以上
出題形式:回答選択方式(一部、回答入力方式および回答書き込み方式)
必要な物:PCまたはタブレット、受験情報が示されたメール、計算用紙、筆記用具
(漢字・語い、はタブレットおよびタブレットに対応したペンが必要)
受験結果:受験期間終了から2週間後以降にメールを配信。Web上で結果の閲覧が可能
:合格者には合格証(サーティフィケート)をデータにて発行
受験料:無料

詳細・申込

関連URL

スプリックス

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス