1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. スプリックス、マニラ教育省とオンライン検定試験「TOFAS」活用の覚書締結

2023年1月25日

スプリックス、マニラ教育省とオンライン検定試験「TOFAS」活用の覚書締結

スプリックスは24日、フィリピン共和国マニラ首都圏(NCR)の教育省(DepEd)と、同社のオンライン検定試験「TOFAS」の活用に関するMOA(覚書)を締結したと発表した。

同MOAに基づき、同社はNCRに「TOFAS」を本格的に導入し、NCRとの緊密な連携で全学校での実施を目指す。コロナ禍で基礎学力定着に不安を持つNCRで、子どもたちの学力を評価し定着させるなどしてDepEdを支援していく。

「TOFAS」は、学習の土台である基礎学力を測定することで、教育者、保護者、児童・生徒を支援するために開発されグローバルなオンライン検定試験。世界各国でオンラインで受験され、世界規模での基礎学力の比較ができるほか、基礎学力の向上につながる詳細な学習アドバイスも提供している

同社は2020年12月に「スプリックス基礎学力研究所」を設立し、その具体的な活動として、「TOFAS」を世界27カ国に提供。これまでに20万人以上が受験している。

コロナ禍で子どもたちの基礎学力を不安視していたNCRでは、「TOFAS」を試験的に導入し、のべ1万人以上が受験。

このパイロットを通じて、DepEdは基礎学力の評価・育成に向けた「TOFAS」の有用性だけでなく、教員の指導でも負荷軽減につながることを認識。今回、「TOFAS」を本格的な活用フェーズへと移行するために、同社とMOAを締結した。

今回のMOA締結は昨年12月に、同国メトロマニラ、ケソン市で調印式を実施。NCRはその管轄内に約200万人の生徒を擁しており、DepEdと同社は連携して、今年3月までに全学校の生徒に対して「TOFAS」の受験を促進させる。

また、基礎学力に不安のある生徒に対しては複数回の受験を実施し、必要な学習サポートを提供することで、確実な基礎学力の定着を目指す。

関連URL

「TOFAS」詳細

スプリックス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス