1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. スイッチエデュケーション、高校「情報Ⅰ」向けmicro:bit用教材を発売

2023年2月16日

スイッチエデュケーション、高校「情報Ⅰ」向けmicro:bit用教材を発売

スイッチエデュケーションは15日、教育向けマイコンボード「micro:bit」(マイクロビット)を使って制御する車型ロボット教材「micro:bit用ロボットベース(ラインセンサー)〈組立済〉」(税込5995円)を発売した。

同教材は、高校「情報I」に対応したプログラミング教材として、佼成学園中学・高校と共同で開発。micro:bitを使って高校「情報Ⅰ」の学習ができる、ラインセンサーを搭載した車型ロボット、オプション商品を追加してカスタマイズできる、といった特徴がある。

佼成学園は、同教材を2021年度、2022年度の「情報」の授業で活用して、教材のブラッシュアップを実施。2021年度の授業は「令和3年度東京都私学財団賞」を受賞した。

同学園では、題材として、飲食店で普及し始めている「配膳ロボット」を設定し、配膳システムに必要な機能(店内を周回する、指定されたテーブルにモノを運ぶなど)を課題にした。

実際にレストランのミニチュア模型内で動かし、設計した通りに動作するかを確認して、課題を1つずつクリアしていくことでプログラミング的思考を身に付けた。また、micro:bitのプログラミングには「MicroPython」(Pythonの一種)を利用。

同教材は、商品到着後すぐに利用できる「組立済」バージョンと、組立てが必要な「未組立」バージョンの2種類がある。組立ては、ドライバーを使った約30分程度の作業で済む。

【教材の概要】(どちらもmicro:bitは含まない)
・「micro:bit用ロボットベース(ラインセンサー)」(未組立):価格5500円(税込)
・「micro:bit用ロボットベース(ラインセンサー)」(組立済):価格5995円(税込)

詳細

購入

関連URL

佼成学園中学・高校

スイッチエデュケーション

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス