1. トップ
  2. データ・資料
  3. コエテコbyGMO、「2023年プログラミング教育市場規模調査」の概要公表

2023年6月21日

コエテコbyGMO、「2023年プログラミング教育市場規模調査」の概要公表

GMOメディアが運営するプログラミング教育ポータルサイト「コエテコ byGMO」は20日、船井総合研究所と共同で実施した、「2023年プログラミング教育市場規模調査」結果の概要を公表した。


同調査は、船井総研が行った「情報教育白書」制作の一環として、今年3月1日~31日に実施。プログラミング教室事業者からのヒアリングやプログラミング教室数と教材費、毎月支払われる受講料から「プログラミング教育市場」の規模予測を算出した。

調査結果の詳しい内容は、船井総研が7月に発売を予定している「情報教育白書 簡易版」に掲載する予定。


今回公表された調査概要によると、2023年の子ども向けプログラミング教育市場規模は221億7000万円という結果になった。前年比111.4%で5年連続の成長。

2020年度から順次開始した小学生から高校生までのプログラミング教育の必修化や、2025年の大学入学共通テストへの「情報」科目採用などの背景から、民間でのプログラミング教育の需要が伸びていることが考えられるという。

また、2025年度入試における教科「情報」の導入で、①受験系市場の誕生・拡大、②プログラミング・情報教育の価値の市場への浸透、③女児の参加率の上昇、といった市場変化が起こり、2030年までに子ども向けプログラミング教育市場は1000億円を超える市場に急成長する可能性があるという。

【調査の概要】
調査期間:3月1日(水)~3月31日(金)
調査対象:①ロボット製作とプログラミングをかけ合わせて学ぶ「ロボット・プログラミング教室」、②プログラミングを学ぶことに特化した「プログラミング教室」、に該当する民間運営で月謝制の継続受講型の子ども向けプログラミング教室・スクール
調査方法:「コエテコ byGMO」と船井総研によるプログラミング教育市場関係者へのヒアリング、また「コエテコ byGMO」と船井総所が保有するデータ、調査機関の公開情報の収集

詳細

関連URL

「コエテコ byGMO」

船井総合研究所

GMOメディア

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス