1. トップ
  2. データ・資料
  3. 子どもたちが利用しているネットサービスYouTube が1位 =教育ネット調べ=

2023年8月4日

子どもたちが利用しているネットサービスYouTube が1位 =教育ネット調べ=

教育ネットは2日、教育ネット支援自治体の小学校、中学校 児童生徒2万8930人を対象に実施した「ネット利用における実態調査」で、小学生・中学生が使用しているインターネットサービスの利用率を明らかにした。

それによると、全学年で一番多く利用されているのがYouTube。小学1年生で88%、中学3年生は98%と高い利用率となっている。また、小学1年生から5年生までで次に利用率が高いのがゲームのマインクラフト。しかし、小学6年生からはマインクラフトよりもLINEの利用率が高くなり、中学生では8割から9割という多くの生徒がLINEを利用している。

X(旧Twitter)、Instagramは小学1年~3年生までは5%以下だが、学年が上がるにつれ利用率が高くなり、中学1年生では約3割、中学2年生では約5割、中学3年生では約6割となっている。一方、Tik Tokは小学1年生も10%の利用があり、中学2年生までX(旧Twitter)、Instagramよりも利用率が高いことがわかった。

関連URL

調査の詳細

教育ネット

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス