1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 日本視聴覚教育協会、全国自作視聴覚教材コンクール入賞作品を決定

2023年9月5日

日本視聴覚教育協会、全国自作視聴覚教材コンクール入賞作品を決定

日本視聴覚教育協会は1日、「令和5年度全国自作視聴覚教材コンクール」の入賞作品を発表した。

全国からの応募総数61作品(小学校部門<幼稚園及び保育所を含む>14作品、中学校部門12作品、高等学校部門2作品、社会教育部門33作品)を対象に、8月7日の最終審査の結果、入賞作品を決定した。

■最優秀賞(文部科学大臣賞) 3作品

最優秀賞(文部科学大臣賞)は3作品。小学校部門は、仙台市小学校教育研究会 視聴覚教育研究部会 教材制作委員会の、[映像教材]仙台の虫「スズムシ」~スズムシを守る~。

中学校部門は、岡崎市視聴覚ライブラリー・おかざき映像教材研究会 令和4年度C班の、[映像教材]ポン菓子でアフリカを救え!~家田製菓の挑戦~。

社会教育部門は、折原由美子さん(山形県山形市)の、[紙しばい]はっけよい!のこった!―専称寺の夜泣き力士―、が選ばれた。

その他、優秀賞に8作品、入選に9作品が選ばれた。

同コンクールは、1974年に第1回を開催。多様化した学習内容に対応するため、きめ細やかな自作教材の作成と確保が極めて重要であり、そのための本格的な視聴覚教材の自作活動を推進し、顕彰を通して、その制作奨励と内容の充実に寄与することを目指している。

入賞作品一覧

関連URL

日本視聴覚教育協会

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス