1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 日本視聴覚教育協会、「全国自作視聴覚教材コンクール」入賞作品を決定

2019年8月15日

日本視聴覚教育協会、「全国自作視聴覚教材コンクール」入賞作品を決定

日本視聴覚教育協会は、「令和元年度 全国自作視聴覚教材コンクール」の審査を終え各賞を決定したと発表した。

全国からの応募総数は96作品あったという。

小学校部門(幼稚園及び保育所を含む)21作品、中学校部門8作品、高等学校部門8作品、社会教育部門59作品を対象に、8月5日と6日の2日間にわたり最終審査を行った。

文部科学大臣賞・最優秀賞には、愛媛県立新居浜西高等学校放送部の「ようこそ!地下食堂へ」と、中央大学FLP松野良一ゼミナールの「ペンシルロケット-国分寺から飛んだ夢-」の2作品が受賞した。その他、優秀賞や入選など多数。

同コンク-ルの表彰式は、9月13日に東海大学校友会館で実施するという。

関連URL

令和元年度全国自作視聴覚教材コンクール入賞作品 審査結果

日本視聴覚教育協会

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 探求学習 すらら×札幌新陽高校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス