1. トップ
  2. データ・資料
  3. 約半数の企業がリスキリング施策を実施、前回調査よりも伸長=パーソルイノベーション調べ=

2023年9月27日

約半数の企業がリスキリング施策を実施、前回調査よりも伸長=パーソルイノベーション調べ=

パーソルイノベーションは25日、リスキリング支援サービス「学びのコーチ」が四半期ごとに実施する「リスキリング」に関する調査結果を発表した。

3回目となる今回は、企業におけるリスキリング推進の課題意識が明らかになったという。


回答者が所属する企業は、「直近1年の間で、従業員のリスキリング施策に関する取り組みを行いましたか︖」と尋ねたところ、「実施した」は49.1%(前回41.6%)と増加。

企業規模別では、大企業では「実施した」が64.3%(前回64.1%)。中小/スタートアップ企業では「実施した」が40.5%(前回28.0%)で、大企業が先行して取り組んでいる。


「どのスキルを習得することを重視していますか︖」には、1位は「データ活用(35.6%)」、2位「AI活用(ChatGPT等)(34.7%)」、3位「業務プロセス設計(31.5%)」。「AI活用(ChatGPT等)」が前回4位(30.3%)から上昇し、AIを導入、または導入を検討している企業が増えたことがわかる。

企業規模別では、大企業の1位は「データ活用(43.9%)」、2位は「AI活用(ChatGPT等)(40.4%)」に対し、中小/スタートアップ企業では同率1位で「マーケティング(28.7%)」「AI活用(ChatGPT等)(28.7%)」となり、企業規模を問わずAI活用が注目されている。


取り組んでいるリスキリング施策で「大きな成果が出たと感じている」は28.7%(前回18.2%)。「成果を実感できた」は52.1%(前回45.5%)となり、成果を感じている企業が80.8%までに増加した。


「リスキリングを推進する上での課題」の1位は「施策の企画リソース(体制)が足りない(23.1%)」、2位は「施策の運用リソース(体制)が足りない(21.0%)」、3位は同率で「習得すべきスキルを明確にできない(19.9%)」「スキル習得に適したカリキュラムが用意できない(19.9%)」だった。

調査概要
調査手法:インターネットリサーチ Fastaskでアンケート調査
調査対象:全国の企業に勤めている人
調査期間:8月28日~9月1日
対象人数:662人

関連URL

「学びのコーチ」

パーソルイノベーション

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス