1. トップ
  2. データ・資料
  3. 子どもの塾選び、保護者の約40%が「後悔!?」=DeltaX調べ=

2024年1月23日

子どもの塾選び、保護者の約40%が「後悔!?」=DeltaX調べ=

DeltaX(デルタエックス)は22日、小学生~高校生までの子どもを持つ全国の保護者100人を対象に実施した、「子どもの塾選び」に関するアンケート調査の結果をまとめ発表した。


それによると、「入塾後に不満があったか?」を尋ねたところ、39%の保護者が「ある」(とてもある・ある・少しだけあるを含む)と回答。つまり、保護者の約40%が子どもの塾選びを「後悔!?」していることが分かった。

具体的にどのような不満があるかを聞いたところ、「担当講師の教え方に若干不満」「とにかく追加料金が高い」「自習室がうるさかった」「担当の講師がすべて大学生だった」「連絡が遅かったり、返事がないことがある」「受験対策で通っているのに講師が熱心ではない」などの意見が寄せられた。


さらに、「入塾後にギャップがあったか?」との質問には、31%が「ある」(とてもある・ある・少しだけあるを含む)と回答した。

ギャップを感じた内容としては、「思ったよりも気合で押し切る形の塾だった」「名門〇〇高校に〇人が合格!とホームページや広告に載っていたが、子どもの体感を聞くと、周りの受講生の偏差値レベルはやや低く感じるとのこと」「きめ細かい指導との触れ込みだったが、あまり丁寧な教え方ではなかった」などの意見が寄せられた。


また、入塾後の不満を抱えている保護者の傾向を分析したところ、「入塾前に塾の比較検討をしたかどうか」の項目との関係性が見えてきた。塾の比較検討を「しなかった」人は、「した」人に比べて、入塾後の不満が「ある」と答えた割合が約12%高かった。


「入塾前に塾の比較検討をしたかどうか」と入塾後のギャップの有無についても関係性を見ると、塾の比較検討を「しなかった」人は、「した」人に比べて、入塾後の不満が「ある」と答えた割合が2%高かった。

こちらは大きな差がないように見えるが、入塾後のギャップが「ない」と答えた人の割合で見ると、大きな差が見て取れる。すなわち、塾の比較検討を「した」人は、「しなかった」人に比べて、入塾後の不満が「ない」と答えた割合が17%高くなっていた。

つまり、入塾前に比較検討した人ほど、入塾後のギャップが少ないといえる。入塾前に、塾の比較検討をすることが、塾選びの成功・失敗を左右すると考えられる。


塾を比較検討するときに何をしたのかを確認したところ、入塾前に「体験授業を受けた」人は、入塾後の不満が最も少なかった。体験授業に参加した教室数は、「1校のみ」が28.9%、「2校」が45.8%、「3校以上」が25.3%で、平均すると1.66校だった。


つまり、体験授業にいった経験のある保護者のうち、半数以上の保護者が、「2校以上」の塾の体験授業に参加してから入塾を決めていたことになる。

体験授業は、入塾後に感じやすい「不満」や「ギャップ」に気付くきっかけになる。「こんなはずじゃなかった」という後悔を未然に防げるかもしれない。

この調査は、小学生~高校生までの子どもを持つ全国の保護者を対象に、昨年10月にインターネットで実施した。有効回答数は100人。

調査結果の詳細

関連URL

「塾選」

DeltaX

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス