1. トップ
  2. データ・資料
  3. センター試験まで秒読み、有名大学合格者は直前に何をしていたのか?

2018年1月11日

センター試験まで秒読み、有名大学合格者は直前に何をしていたのか?

成学社は、個別指導学院フリーステップで講師をしている関西の有名大学現役大学生100人を対象にアンケートを行い、合格者がとる行動に共通点があるのかどうかを検証し、その結果の一部を10日に発表した。

d25673-54-912094-2普段の勉強時間と試験直前の勉強時間に差があったのかを訊ねたところ、大多数が「普段通りか、それ以下」と回答。普段の生活のペースを崩さないことが大切という意見が多数寄せられた。

d25673-54-187641-0大多数が、大切な日に慌てないために道順や乗り換えを調べるのは常識と回答。「雪による公共交通機関の遅延や運行見合わせに備えて、バックアッププランや迂回路を調べておき、天気予報を注意深く見て、交通機関の乱れがなさそうだと確認できて安心した」などの声が聞かれた。

寒さ対策として約半数が役に立ったと答えているのが「カイロ」で、「手がかじかんで鉛筆が持てなくなるのを防いでくれる」という理由などがあがった。

「緊張しましたか?」の質問に「しなかった」と答えたのは2名だけで、誰もが緊張していることが分かった。半数以上が一番緊張が高まったのは試験開始直前と答えている。「だが、始まってしまうと落ち着いた」という声もあった。

また、自由回答欄には多くの回答者が「親への感謝」を記入していた。6割以上が「言われて嫌なことを親に言われたことがない」と回答、保護者の管理が意外に厳しくなかったことが窺える。さらに、試験中におすすめのお昼ご飯を訊ねたところ、圧倒的多数が「手作り弁当」と回答した。

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス