1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. NTT Com、教育用タブレットを活用した児童の見守りに関する実証実験を開始

2024年1月26日

NTT Com、教育用タブレットを活用した児童の見守りに関する実証実験を開始

NTTコミュニケーションズは24日、熊本県荒尾市と、教育用タブレットを活用して登下校中の児童の見守りを行う実証実験の開始を発表した。

実験は、国土交通省がデータや新技術を活用した先進的な都市サービスの実装に向けて取り組む実証事業を支援する「スマートシティ実装化支援事業」に採択され、取り組むもの。

荒尾市が児童1人に1台配備している教育用タブレットを活用し、登下校状況や現在地・行動履歴の把握、登校エリアから外れた場合のアラート通知を行うことで、面的な見守りの有効性を、保護者や教職員へのアンケート調査などを行いながら検証する。

また、出欠情報の確認・管理に関わる教職員の稼働削減や効率化に寄与できるかもアンケート結果などから検証し、さらに、得られた児童の出欠席・行動履歴データを、不登校の兆しの早期発見や、通学路上の横断歩道・街路灯の整備などに活かすことを検討するという。

実験の概要

期間:1月15日(月)~2月9日(金)
協力:荒尾市立桜山小学校・荒尾市立緑ケ丘小学校
詳細:
・教育用タブレットからGPSで位置情報を取得
・NTTドコモのモバイル回線を通じて、NTT Comが提供する保護者・教職員向けスマートフォンアプリに、児童の現在地や行動履歴を表示
・HR(ホームルーム)の開始・終了時や、通学路や校区から外れるなどした場合に通知を実施

関連URL

NTTコミュニケーションズ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス