1. トップ
  2. データ・資料
  3. PTA入会、「入りたい人が入る」が53.4%、「保護者も教職員も全員入る」が44.8%=ポリミルの意見投票=

2024年1月31日

PTA入会、「入りたい人が入る」が53.4%、「保護者も教職員も全員入る」が44.8%=ポリミルの意見投票=

Polimill(ポリミル)は30日、昨年12月31日に意見投票を終了した「PTAへの入会はどんな形が望ましいと思うか?」とのイシュー(課題)について、有効票58票の結果をまとめ発表した。

それによると、PTAへの入会は「保護者も教職員も全員入るのが望ましい」との意見が 44.8%だった。

その理由として、「それぞれの家庭の事情があるとは思うが、保護者と教職員が共に参加することで、学校と家庭の間のコミュニケーションが促進されて子どもの教育において連携が取りやすくなり、より良い学習環境を整えることが出来ると思うので」との意見が寄せられた。

また、「保護者は全員入り、教職員は入りたい人が入るのが望ましい」が10.3%、「保護者は入りたい人が入り、教職員は全員入るのが望ましい」が15.5%、「保護者も教職員も入りたい人が入るのが望ましい」が27.6%で、「入りたい人が入る」との意見が半数以上(53.4%)を占めた。

こうした意見の理由として、「親は個人の都合やペースに合わせて気軽に参加できる雰囲気がいいと思う。ストレスなく協力できれば良いアイディアやサポートが生まれやすくなる。学校との連携強化とスムーズなコミュニケーションが期待できるので教職員には全員に参加して欲しい」との声が寄せられた。

また、「入りたい意欲のある人達でないと、ポジティブで活気ある雰囲気を醸成することはできないと思う。保護者も教職員もそれぞれ家庭の事情があるから」との声もあった。

この調査は、社会デザインプラットフォーム「Surfvote」(Webサービス)上でアカウントを持つユーザーを対象に、2023年11月16日〜12月31日にかけて、「Surfvote」で意見投票を募った。有効票数は58票。

関連URL

調査結果の詳細

「Surfvote」

ポリミル

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス