1. トップ
  2. データ・資料
  3. SVC、調査レポート 発達障害と不登校は関係ある?

2024年2月2日

SVC、調査レポート 発達障害と不登校は関係ある?

SVCは1月31日、同社が運営する発達に悩みを抱える保護者向けQ&Aサービス「ふぉぴす」で、1歳~12歳までの子どもの発達に悩む保護者を対象に実施した「不登校と発達の悩やみのある子どもの関係」のアンケート調査の結果を公表した。

それによると、「不登校・行き渋りはありましたか?」には、全体の14%が現在も不登校・行き渋りがあると回答。文部科学省から「令和4年度 児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」で発表されている、在籍児童生徒に占める不登校児童生徒の割合は3.2%となり、その数値と今回のアンケート結果は、文部科学省のデータと比較すると高い割合だった。

過去に不登校・行き渋りがあったとの回答は13%。現在、不登校の小・中学生のうち、約30%が不登校を始めた年度内校へ再登校を始め、約85%は高校進学時までに復学しているという数字が出ている。

不登校や行き渋りの経験が全くないとの回答は73%と一番多い回答となった。発達が気になる保護者を対象に行ったが、発達特性があるからといって不登校になるとも限らず、割合もそこまで高いものではなかった。

関連URL

「ふぉぴす」

SVC

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス