1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 42 Tokyo×ドコモ、無料エンジニア育成プログラム「X-Tech Bridge」の第1弾を開講

2024年3月19日

42 Tokyo×ドコモ、無料エンジニア育成プログラム「X-Tech Bridge」の第1弾を開講

42 Tokyoは、NTTドコモと共同で、無料で受講できるエンジニア育成プログラム「X-Tech Bridge」(クロステックブリッジ)を開設し、その第1弾の講座として「メタバース空間のゲーム開発」を4月16日からスタートさせる。

同講座では、ドコモの最新技術を活用したメタコミュニケーションサービス「MetaMe」上のミニゲーム開発に取り組み、ゲームエンジン「Unreal Engine」を軸にWEBアプリや映像配信などの実践的な技術の習得をめざす。

同プログラムは、参加者の事前選考を行わず、完全無料で、42 Tokyoの特徴的な学習スタイル「ピアラーニング」「問題解決型学習」を通じて、実践的にプログラミングスキルを磨くことができる。

設定されるテーマはドコモと42 Tokyoが共同で設計しており、最先端の旬な技術に取り組める。また、42 Tokyoがコミュニティ運営に参画し、42 Tokyoの学生を含む意欲的なエンジニア同士の交流を促進するイベントなどを実施する。

第1弾の講座では、「MetaMe」での多人数クラウドゲーミングを実現している「Unreal Engineプラグイン」(ドコモ開発)を導入したUEアプリ・Webアプリのサンプルプロジェクトを活用して、ゲーム開発に取り組む。優秀作品は、実際にMetaMe内の新コンテンツとして一般公開する予定。

また、第1弾以降も、業界を問わず様々な企業と連携して、新たなテーマの提供を予定している。

「第1弾講座」概要

開催期間:4月16日(火)~7月15日(月)
実施方法:オンライン+オフラインのハイブリッド開催(オフライン参加推奨)
(オフライン会場)
① docomo R&D OPEN LAB ODAIBA[東京都港区台場2-3-2台場フロンティアビル12F]
② 42 Tokyoキャンパス[東京都新宿区西新宿2丁目11-2]
参加資格:18歳以上
課題内容:MetaMeの技術制約を考慮した、Unreal Engineによるミニゲームの開発
募集人数:最大100人(応募者多数の場合は抽選)
参加費:無料
事前説明会(任意参加):3月27日(水)
参加申込み受付:3月18日(月)14:00~4月10日(水)23:59

詳細・申込

関連URL

「X-Tech Bridge」

42Tokyo

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 定期配送お申込フォーム
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス