1. トップ
  2. データ・資料
  3. 小学生、3人に1人が視力1.0未満。6割強が「授業中に黒板が見えにくい」などの影響 =ロート製薬調べ=

2024年6月4日

小学生、3人に1人が視力1.0未満。6割強が「授業中に黒板が見えにくい」などの影響 =ロート製薬調べ=

ロート製薬は3日「こどもの目の白書2024」を公開した。

調査は5月17日~19日に、小学生の子どもを持つ親1000名を対象に行われた。それによると、裸眼視力1.0未満の小学生は36.7%と3人に1人以上に上った。21.8%がメガネやコンタクトレンズを装用していると回答。メガネやコンタクトレンズ装用の理由は「近視」が7割を占めた。

裸眼視力低下によって61.6%が「授業で黒板が見えにくい」など、生活に影響のあることが分かった一方、55.2%の親がそれに気づいていなかった。親が考える裸眼視力低下の理由の1位は「デジタルデバイスの接触時間の長さ」。実際、裸眼視力の低い子どもはデジタルデバイスの接触時間が長い傾向にあり、裸眼視力の高い子どもは屋外活動の時間が長い傾向が見られた。

子どもの健やかな目のために対策している親はわずか21.2%にとどまり、大多数の親が対策をしていない現状が明らかとなった。対策の内容は「睡眠」「照明」「デジタルデバイス時間の管理」などとなった。

調査結果の詳細

関連URL

ロート製薬

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス