1. トップ
  2. データ・資料
  3. DSC、「デジタル文具白書2017」を公開

2017年12月4日

DSC、「デジタル文具白書2017」を公開

デジタル文具の普及や市場の発展を推進するDSC (デジタル ステーショナリー コンソーシアム インク) は1日、米Jon Peddie Researchの協力のもと、今後成長が見込まれるデジタル文具市場における新たなビジネス機会と、デジタルインク技術がもたらすイノベーションと可能性に関するレポート「デジタル文具白書2017」を公開した。

それによると、大企業からスタートアップ、学術研究機関、非営利組織、老舗の文具メーカーまで、業界の枠を越えてデジタル文具に関する取り組みが進んでいる。例えば、デジタルペンとインクで生み出されたコンテンツをAI、AR (拡張現実)、VR (仮想現実) などと組み合わせて活用することも可能になろうとしている。AIにデジタルインクの画像や単語から意味を汲み取って解釈させることも研究されており、このような「意味づけ」によって同じ綴りでありながら意味の異なる英単語を区別したり、言葉を文脈とともに捉えて時系列を推測し、予定表に反映することなども可能となるとしている。

またVRにおいては、スケッチ、描画、手書きなどの機能を備えたVRベースのデジタル文具ソリューションも可能になるほか、現実の画像にVRデータを重ねて表示するARにおいても、デジタルインクを使って革新的なソリューションが開発されるだろうという。

DSCは、デジタル文具市場がもたらす未来の可能性を探りながら、現在の想像を超える次世代のデジタルペンとインクのイノベーションを、広く市場全体で享受できる環境の実現を目指していきたいとしている。

関連URL

白書の全文 (日本語版)

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス