1. トップ
  2. データ・資料
  3. 英語資格の勉強方法、学習者の約8割が「スマホ・タブレット・PC」と回答=Globee調べ=

2022年5月30日

英語資格の勉強方法、学習者の約8割が「スマホ・タブレット・PC」と回答=Globee調べ=

Globeeは27日、英語学習者2124人を対象に実施した、「デジタルを活用した英語資格の学習方法の実態調査」の結果をまとめて発表した。

それによると、「英語資格(TOEIC、英検など)の学習を行う際のメインの学習方法」を聞いたところ、「スマホ・タブレット・PCなどのアプリケーション」が78.2%と最も多く、約8割が「デジタル」を活用していることが分かった。

以下、「紙の教材・書籍」20.4%、「英語学校・塾」0.8%、「テレビ・ラジオ」0.2%と続いた。

また、「デジタル」を活用するメリットとしては、37.4%が「時間や場所を選ばず学習ができる」、次いで21.3%が「隙間時間を有効に使える」と回答。「場所や時間を選ばず、短い時間で大きな成果に繋がる」との声が多く寄せられた。

その他、「持ち運びが便利」13.0%、「学習ログや学習状況が残る」7.5%などの回答も寄せられた。

回答を年代別に見ると、意外にも40代〜60代の比較的年齢の高いミドル・シニア世代の「デジタル活用率」が高いことがアンケート結果から判明。

40代では84%、50代では80%、60代においては92.3%が、「デジタル」を活用して英語資格の学習に取り組んでいることが分かった。

この調査は、同社のAI英語教材「abceed」をダウンロードしている英語資格(TOEIC、英検など)学習者を対象に、4月25日~5月1日にかけて、Googleフォームアンケート(一部記述式)という形で実施した。有効回答数は2124人。

関連URL

調査結果の詳細

Globee

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス