1. トップ
  2. データ・資料
  3. 英語学習者の36.4%が「つまずいてしまった」と回答 =スキルアップ研究所調べ=

2024年6月11日

英語学習者の36.4%が「つまずいてしまった」と回答 =スキルアップ研究所調べ=

学研のグループ会社ベンドが運営する「スキルアップ研究所」は10日、全国の20代以上の英語学習者500人を対象に実施した、「英語学習に関する実態調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、「自分の行った英語学習に対してどのように考えているか?」という質問に対し、63.6%が「うまくいった・レベルが上がった」と回答しているが、36.4%は「つまずいてしまった・レベルが上がらなかった」と答えており、英語学習の難易度が伺える結果となった。

「英語学習を行った最大の目的」を聞いたところ、うまくいった人の最多の回答は「職業上の理由で英語能力が必要だから」21.2%だった。一方で、つまずいてしまった人は「個人的な興味や趣味」22.1%が最も多く、その他の回答でも「内発的動機づけ」の傾向がうまくいった人よりも高いことが分かった。

「主に用いた英語学習の手段」を尋ねたところ、「アプリを利用した学習」22.0%が最も多く、次いで「自習用の教科書やワークブック」21.8%だった。一方で、「語学学校やクラスでの対面授業」は16.0%、「オンライン英会話レッスン」は15.8%で一定の利用者がいたが、自己学習の形態をとる学習手段の方が数が多く、独学傾向にあることが判明した。

また、「あまり学習効果を実感できなかった学習手段」を尋ねたところ、「自習用の教科書やワークブック」(107人)と「アプリを利用した学習」(81人)が、利用者の多い上位2項目で、独学での学習効果に疑問が残る結果となった。

一方、「最も効果を感じた学習手段」を聞いたところ、「英語話者との会話練習」(124人)が最も多く、英語実践の機会の重要性が明示された。

英語学習をより効果的にするために必要なものを尋ねた質問では、約3割(29.9%)が「英語実践の機会」と回答。次いで、「定期的なフィードバックと指導を受ける機会」14.1%で、実践とフィードバックの英語学習における有効性が窺える結果となった。

この調査は、全国の20代以上で、自発的に英語学習を実際に行った人・行っている人
(学校の英語の授業は除く)を対象に、5月11日〜18日にかけて、インターネットで実施した。有効回答数は500人。

関連URL

調査結果の詳細

スキルアップ研究所

ベンド

学研

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス