1. トップ
  2. 動画ニュース
  3. iTeachers TV Vol.257 東京成徳大学中高 和田一将 先生(後編)

2020年12月24日

iTeachers TV Vol.257 東京成徳大学中高 和田一将 先生(後編)

iTeachersとiTeachers Academyは23日、iTeachers TV Vol.257 東京成徳大学中学・高等学校の和田一将 先生による「私たちは今、何のために学ぶのか(後編)」を公開した。

コロナウイルス感染拡大による社会の大きな変化によって、教育関係者は「学校の存在意義」について、いま一度問い直す必要が出てきた。実際に学校に登校する際も、オンラインで授業を行う際も、教員はどんな学校作りを行っていくべきなのか。ステイホーム期間におけるオンラインの取り組みや授業実践をまじえながら、「Apple Distinguished School」に認定されている同校でのこれまでの学校作りを紹介する。

和田先生は、明治大学で異文化コミュニケーション学を専攻。卒業後、横浜の私立高校で3年間勤めたのち、2012年から東京成徳大学中学校・高校に英語科専任教諭として着任。現在は国際交流部課長、ICT教育推進委員としてニュージーランド学期留学のサポートやiPadの授業活用の研究に務めている。Apple Distinguished Educator Class of 2017。

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」。今回は、情報通信総合研究所の平井 聡一郎 氏による「短縮URLで学びの効率化!」。

平井先生は、茨城県の公立小、中学校で22年間、市町及び県教委で指導主事として11年間勤務する。古河市教育委員会参事兼指導課長を最後に公務員を退職し、現職。併せて、文部科学省、総務省の教育ICTに関わる委員を歴任。現在、全国各地でICT機器活用による教育改革に取り組み、特に小学校でのプログラミングの普及に多くの実践を重ねている。教材やITシステムの開発を担当。現在では、iPhoneやiPadを使った学生とのインタラクティブな授業を実践。

iT-Lv2

□ 私たちは今、何のために学ぶのか(前編)

□ 私たちは今、何のために学ぶのか(前編)

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ ICT教育モデル校が積極導入! 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス