1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 立命館守山中高「ICT公開授業研究会」を25日開催

2016年6月3日

立命館守山中高「ICT公開授業研究会」を25日開催

立命館守山中学校・高等学校は、「第4回ICT公開授業研究会」を25日に開催する。

立命館守山中学校・高等学校では、2014年度から中学校で、段階的にタブレット端末の導入を進め、クラウドとSNSを使い、「RICS(Ritsumeikan Intelligent Cyber Space)」と名づけたアダプティブラーニングプロジェクトを実践。

高校では、学習支援クラウドサービス「Classi」、タブレット用授業支援アプリ「ロイロノートスクール」、FSCコースの生徒は学習アプリ「スタディサプリ」を活用するなど、積極的にICTを導入してきた。

2016年度は中学校、高校ともに、全生徒約1400人がタブレット端末を持ち、家庭学習をはじめ、学校行事や教科学習・総合学習などで活用している。

今回の公開授業では、午前に中学30、高校約20、のべ約50の授業を公開。

午後は、同校教職員のICT研修会の一部を研修する機会を設け、研修会終了後には、意見交換をかねた交流会を実施する。

概要

日時:2016年6月25日(土)8:55~16:00 ※交流会 16:15~17:30
会場:立命館守山中学校・高等学校[滋賀県守山市三宅町250番地]
対象者:教育関係者(事前申し込み必要)、同校保護者、受験を考えている保護者およびその児童生徒
参加費:無料
詳細・申込

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録