1. トップ
  2. ツール・教材
  3. JEITA/「どっちにするの?紙とデジタル」発行

2013年6月12日

JEITA/「どっちにするの?紙とデジタル」発行

電子情報技術産業協会(JEITA)は11日、「どっちにするの?紙とデジタル」を発行した。

JEITAのプリンター専門委員会が、諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授とともに、紙とタブレット端末を使って、さまざまな実験やアンケート調査により、脳の働きを研究してまとめたもの。

「どっちにするの?紙とデジタル」では、シーン別に紙とタブレット端末のそれぞれの優位点について掲載している。

仕様ほか

サイズ:A4判
頁数:54頁
発行:2013年6月
価格:会員 1050円/会員外 2100円

問い合わせ先

お問い合わせフォーム

KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
チャーピーと自宅で毎日英会話! English Every Day! Charpy
熊本市 教員研修スタート NTT DOCOMO
早期お申込がおトク!2019年新人・新卒者研修 春の先得キャンペーン KENスクール 法人研修サービス
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • お試し無料 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • 先生!eラーニングでお悩みですか? Matrox
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス