1. トップ
  2. ツール・教材
  3. JEITA/「どっちにするの?紙とデジタル」発行

2013年6月12日

JEITA/「どっちにするの?紙とデジタル」発行

電子情報技術産業協会(JEITA)は11日、「どっちにするの?紙とデジタル」を発行した。

JEITAのプリンター専門委員会が、諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授とともに、紙とタブレット端末を使って、さまざまな実験やアンケート調査により、脳の働きを研究してまとめたもの。

「どっちにするの?紙とデジタル」では、シーン別に紙とタブレット端末のそれぞれの優位点について掲載している。

仕様ほか

サイズ:A4判
頁数:54頁
発行:2013年6月
価格:会員 1050円/会員外 2100円

問い合わせ先

お問い合わせフォーム

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス