1. トップ
  2. ツール・教材
  3. フラッシュ型教材活用実践プロジェクト/特別支援学校向け教材を公開

2013年12月2日

フラッシュ型教材活用実践プロジェクト/特別支援学校向け教材を公開

フラッシュ型教材活用実践プロジェクトは、「特別支援学校ネットワーク構築事業」(熊本県立熊本聾学校)の活動を支援し、フラッシュ型教材ダウンロードサイトeTeachers[イーティーチャーズ]で特別支援教育向けのフラッシュ型教材を11月28日から公開した。

先ごろ公表された「2014年度文部科学関係概算要求のポイント」では、「学習上の支援機器等教材活用促進事業」が掲げられるなど、特別支援教育に対応した教材の充実が求められている。

そこで、フラッシュ型教材活用実践プロジェクトは、「特別支援学校ネットワーク構築事業」の活動のひとつである“視覚教材のWeb公開”の活動を支援することにした。

各県に少数校しかない障がい種の学校では、同じ障がい種で同じ教科の相談や勉強会の実施が難しい。

フラッシュ型教材をeTeachers上で公開することによって、教材の共有化が図れるのと同時に、学力の向上につながることが期待されている。

フラッシュ型教材活用実践プロジェクトは、フラッシュ型教材の教育現場での活用を広める目的で2007年に発足した。フラッシュ型教材活用セミナーをはじめ、フラッシュ型教材を収集して提供するWebサイトeTeacher[イーティーチャーズ]を開発・公開している。

関連URL

フラッシュ型教材ダウンロードサイトeTeachers[イーティーチャーズ]

問い合わせ先

チエル経営戦略室 広報担当(フラッシュ型教材活用実践プロジェクト事務局)
chieru-info@chieru.co.jp

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
小学校の1人1台学習をサポートする 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス