1. トップ
  2. ツール・教材
  3. フラッシュ型教材活用実践プロジェクト/特別支援学校向け教材を公開

2013年12月2日

フラッシュ型教材活用実践プロジェクト/特別支援学校向け教材を公開

フラッシュ型教材活用実践プロジェクトは、「特別支援学校ネットワーク構築事業」(熊本県立熊本聾学校)の活動を支援し、フラッシュ型教材ダウンロードサイトeTeachers[イーティーチャーズ]で特別支援教育向けのフラッシュ型教材を11月28日から公開した。

先ごろ公表された「2014年度文部科学関係概算要求のポイント」では、「学習上の支援機器等教材活用促進事業」が掲げられるなど、特別支援教育に対応した教材の充実が求められている。

そこで、フラッシュ型教材活用実践プロジェクトは、「特別支援学校ネットワーク構築事業」の活動のひとつである“視覚教材のWeb公開”の活動を支援することにした。

各県に少数校しかない障がい種の学校では、同じ障がい種で同じ教科の相談や勉強会の実施が難しい。

フラッシュ型教材をeTeachers上で公開することによって、教材の共有化が図れるのと同時に、学力の向上につながることが期待されている。

フラッシュ型教材活用実践プロジェクトは、フラッシュ型教材の教育現場での活用を広める目的で2007年に発足した。フラッシュ型教材活用セミナーをはじめ、フラッシュ型教材を収集して提供するWebサイトeTeacher[イーティーチャーズ]を開発・公開している。

関連URL

フラッシュ型教材ダウンロードサイトeTeachers[イーティーチャーズ]

問い合わせ先

チエル経営戦略室 広報担当(フラッシュ型教材活用実践プロジェクト事務局)
chieru-info@chieru.co.jp

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス