1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 草津市/合計約3200台のタブレット端末を全小学校に導入

2014年4月7日

草津市/合計約3200台のタブレット端末を全小学校に導入

滋賀県草津市は、学校ICT推進費として5677万1000円を計上し、2014年度に市内の全小学校の3学級ごとに各35台、全小中学校の特別支援学級に各校10台、合計で約3200台のタブレット端末を導入する。

タブレット端末の導入は、「一斉学習」「個別学習」「協働学習」を推進し、子どもたちの思考力や判断力、表現力、主体的に学ぶ態度などの育成を図るほか、子どもたちの発達特性や障がいに応じた有効な学習につなげるのが狙い。

導入端末のOSや機種はまだ検討中だが、普通教室では、教員用パソコンやパソコン教室に設置している端末などとの相性からWindowsを、特別支援学級では、ソフトが充実していることからiPadを評価しているという。

4月中に入札を行い、8月末までに機器の整備や職員の研修を済ませ、2学期からタブレットの本格的な活用を開始する予定。

関連URL

草津市

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス