1. トップ
  2. 教育事例
  3. 広島工業大学/CADソフトなど搭載の仮想PC650台を導入

2014年4月21日

広島工業大学/CADソフトなど搭載の仮想PC650台を導入

広島工業大学は14日、3次元CADソフトなどの専門的なソフトを搭載した仮想PCを650台整備したと発表した。

PC教室と附属図書館、学生ラウンジなどに仮想PCを整備

これは、学生の学修環境を充実させる「仮想デスクトップ教育基盤システム」の取り組み。

5つのPC教室と附属図書館、学生ラウンジなどで、仮想PCが利用できるようになった。

今後は、学生がノートPCやタブレットを利用し、自宅など学外からでも専門的なソフトを利用できるようにするなど、アクティブ・ラーニングのための環境整備を進めていくとしている。

今回の整備は、文部科学省の「2013年度私立大学等研究設備整備費等補助金」に採択された。

問い合わせ先

広島工業大学

明星中学校・高等学校 ICT教育研究会 with Classi in Meisei 3.28 12:00 - 18:00 お申込みは3月20日まで
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 双方向授業で授業が変わる!学生が伸びる! クリッカーシステム FLOW(フロー) CHIeru
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録