1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 島根県と楽天/タブレット端末など搭載 車両型移動図書館を島根県で運行

2014年7月10日

島根県と楽天/タブレット端末など搭載 車両型移動図書館を島根県で運行

島根県と楽天は9日、車に約1200冊の本とタブレット端末などを搭載し、子どもたちに書籍に触れられる機会を提供する移動図書館「楽天いどうとしょかん」の運行を、26日から県内で開始すると発表した。

「楽天いどうとしょかん」は、本や閲覧用のタブレット端末などを備えた車両型移動図書館。読書を身近に楽しめる場と電子ブックリーダーやタブレット端末による新しい読書体験を提供するとともに、子どもの保護者など、利用者同士の交流を促し、地域を活性化するコミュニティーとしての役割も担っていく。これまで、福島県内で運行し、5月からは岐阜県でも運行を開始している。

県内を巡回する「楽天いどうとしょかん」は、県立図書館で貸し出される県に関する民話や神話のほか、島根出身作家の書籍を含む小学校低学年向けの絵本、児童書、学習本など約1200冊を搭載。また、貸出用に楽天が提供する電子ブックリーダー「kobo Touch」20台、閲覧用に7インチのタブレット端末「kobo Arc 7」5 台も搭載する。巡回先は、県教委や市町村教育委員会の希望をふまえ、児童館公民館、保育園、幼稚園、学童保育などを予定している。

今回の「楽天いどうとしょかん」では、「子ども読書県しまね」の実現を推進するとともに、同県の民話や神話に関する本も搭載することで、子どもたちに読書を通じた地域の歴史や文化の継承に貢献してくという。

島根県での「楽天いどうとしょかん」の運行を記念し、開始セレモニーを26日に島根県立図書館で開催する。

関連URL

楽天いどうとしょかん

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
CASIO 「カシオのプロジェクターで生徒とのシンクロ率が向上しました」 栄光ゼミナール 目白校 阿部先生
EPSON プログラミングやリスニング用ディスクなどを複数枚作るなら ディスクをカンタンに作成できる ディスク デュプリケーター
EDIX関西2018 出展社特集 掲載記事募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス