1. トップ
  2. ツール・教材
  3. イーオン/システム基盤刷新で生徒の学習状況を測定

2014年10月30日

イーオン/システム基盤刷新で生徒の学習状況を測定

イーオンは29日、生徒の学習状況や上達度を定量的に測定することができるサービスを提供する目的で、イーオン全教室のシステム基盤を刷新し、2015年4月からテスト運用を開始すると発表した。

生徒の学習状況や上達度を定量的に測定 イメージ

今回の刷新では、マイクロソフトが提供するCRMソフトウェア「Microsoft Dynamics CRM」を導入。これにより、イーオンの各教室のほかマーケティングや営業、カスタマーサービススタッフ等が連携し、より最適な学習支援が可能となるという。

またシステム刷新に伴い、生徒の上達レベルを定量化する上達管理サービスを新たに構築。

教師が記録した評価データと、生徒自身が記録したレッスンやそれ以外の学習データ、各種試験スコアを連動させ、相対的に生徒の学習状況、上達レベルを分析する。

学習目的、学習時間、学習内容、レッスン受講回数、試験結果など様々な要素を数値化することにより、自律学習の支援体制を強化し、苦手分野の把握や学習のコツ、レッスンの進め方など、一人ひとりに合わせた指導やカウンセリングが可能となるという。

関連URL

イーオン
Facebook公式ページ「英会話イーオン」

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス