1. トップ
  2. ツール・教材
  3. アドバンスト・メディア/英語発音を可視化する音声認識エンジンをベネッセが採用

2014年12月19日

アドバンスト・メディア/英語発音を可視化する音声認識エンジンをベネッセが採用

アドバンスト・メディアは18日、英語教育に特化した「子供英語用音声認識エンジン」の提供を開始した。また、ベネッセコーポレーションの小学生向け英語教材「Challenge English(チャレンジイングリッシュ)」に採用されたと発表した。

「子供英語用音声認識エンジン」は、英語を発音する際の声の高さや、抑揚を音素単位で数値化して分析し、ネイティブの発音・イントネーション・アクセントにどれだけ近いのかを比較・判断。発音を可視化し、より正しい英語発音の習得につなげられるという。

「Challenge English」は、マルチデバイス対応の小学生向け英語教材で、2015年4月から開講する。「聞く・話す・読む・書く」の技能を総合的に自宅で学習する「4技能トレーニング」と、外国人講師とのマンツーマンレッスン「オンライントーク」で構成。

今回、音声認識エンジンは、「4技能トレーニング」に採用された。対象となる年齢の子どもの発音サンプルを収集し、ベネッセ向けにチューニング調整を行い、ベネッセ専用の「子供英語発音判定エンジン」を作成した。ネイティブスピーカーの音声データと比較し、子どもの発音した英語がどの位ネイティブの発音に近いのかを判定する。

アドバンスト・メディアは、今後、語学教材の開発企業のほか、学習塾・英会話教室など各種教育機関へ、音声認識エンジンの導入を積極的に進めていくという。

関連URL

アドバンスト・メディア

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス