1. トップ
  2. ツール・教材
  3. インプレスR&D/40人の識者が寄稿「インターネット白書2015」を発刊

2015年2月6日

インプレスR&D/40人の識者が寄稿「インターネット白書2015」を発刊

インプレスR&Dは3日、新刊『インターネット白書2015(副題:デジタル社会が加速する)』(編者:インターネット白書編集委員会)を発刊した。価格は2800円(税別)。

『インターネット白書』は1996年に第1回目を発行し、今年で19回目を迎える業界定番の年鑑。昨年から、インターネット協会(IAjapan)、日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)、日本レジストリサービス(JPRS)の協力のもとリニューアルを図り、「The Internet for Everything」というキャッチフレーズを掲げて、より広範なインターネットの可能性をレポート。

今年は総勢40人の識者が寄稿した。

発行形態は、インプレスR&Dの次世代書籍出版メソッドNextPublishingを採用し、電子版とオンデマンド印刷版の両方で提供している。

書籍概要

編者:インターネット白書編集委員会
小売希望価格:電子書籍版 1800円(税別)/印刷書籍版 2800円(税別)
電子書籍版フォーマット:EPUB3/Kindle Format8
印刷書籍版仕様:B5判/モノクロ/本文314ページ

・目次
10大キーワードで読む2015年のインターネット
第1部 ネットビジネス動向
第2部 クラウド・データセンター事業者動向
第3部 通信事業者動向
第4部 インフラストラクチャー動向
第5部 製品・技術動向
第6部 社会動向
付録 インターネットの主な出来事2013.11→2014.10

問い合わせ先

インプレスR&D NextPublishingセンター
電話 03-6837-4820
np-info@impress.co.jp

2か月間の「すらら」学習時間を競うイベント! 2020.12.1-2021.1.31 すららCUP -ひとりじゃ見えない景色を見にいこう- すららカップエントリー受付中
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス