1. トップ
  2. データ・資料
  3. 国際IT財団/IT教育取り組み 欧州2カ国の現地調査報告

2015年3月2日

国際IT財団/IT教育取り組み 欧州2カ国の現地調査報告

国際IT財団は2月26日、先進諸国がIT教育やIT人材育成にどのように取り組んでいるのか、欧州2カ国の現地調査を行い、報告書を公開した。

エストニアの学習風景

訪問国は、プログラミング教育を含むコンピューティング科目を導入した英国、そして北欧のバルト三国のひとつで、IT立国化を進めるエストニア。

調査結果の主なポイントは、英国では、義務教育の始まる5歳からを対象に、ナショナルカリキュラムにプログラミング教育を取り入れた科目「コンピューティング」の導入など。

エストニアでは、プログラミング教育は2012年に初等教育(7歳)に導入。学校によって上級生は「国防」の一環としてサイバーセキュリティも学ぶという。

□訪問概要
訪問時期:2014年12月11日(木)~16日(火)
訪問先 :[英国]
1. Nesta(科学技術芸術基金)
2. キングスクロス アカデミー
3. Computing At School(CAS)
[エストニア]
4. e-Estoniaショールーム、学校支援システムeKool 他
5. Pelgulinna小学校
6. タリン工科大学、民間IT企業、国家情報システム庁
7. 電子政府アカデミー
訪問者 :・宮川 努 国際IT財団理事/学習院大学教授(研究会主査)
・今村 俊一 国際IT財団理事/
フューチャーアーキテクト ディレクター(研究会委員)
・齋藤 奈保 国際IT財団事務局長

関連URL

国際IT財団 海外調査2014(英国・エストニア)報告

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使うパソコンのセキュリティ対策は? できてない! バッチリです Yubi Plus
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
クラウド授業支援 画面と表情を同時に確認 TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス