1. トップ
  2. データ・資料
  3. LITALICO/教育現場での合理的配慮、内容を知っている教員は24%程度

2015年3月30日

LITALICO/教育現場での合理的配慮、内容を知っている教員は24%程度

LITALICOは27日、厚生労働省が定める「発達障害啓発週間」(4月2日~8日)を前に、「教育現場での合理的配慮に関する意識調査」を実施し、その結果を公開した。

それによると、発達障害に関して「意味も含めて知っている」との回答が、保護者では58%、教員93.7%となり、認知が進んでいる。

障害者差別解消法に関しての内容理解については、「内容も含めて知っている」が保護者6.3%、教員17%となった。

また合理的配慮に関しても、「内容も含めて知っている」が保護者6.7%、教員24%と3割以下にとどまり、教育現場での合理的配慮の理解が進んでいないことが明らかになる結果となった。

問い合わせ先

LITALICO

KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
教育ICT 大規模導入!in 熊本市 NTT DOCOMO
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス