1. トップ
  2. データ・資料
  3. LITALICO/教育現場での合理的配慮、内容を知っている教員は24%程度

2015年3月30日

LITALICO/教育現場での合理的配慮、内容を知っている教員は24%程度

LITALICOは27日、厚生労働省が定める「発達障害啓発週間」(4月2日~8日)を前に、「教育現場での合理的配慮に関する意識調査」を実施し、その結果を公開した。

それによると、発達障害に関して「意味も含めて知っている」との回答が、保護者では58%、教員93.7%となり、認知が進んでいる。

障害者差別解消法に関しての内容理解については、「内容も含めて知っている」が保護者6.3%、教員17%となった。

また合理的配慮に関しても、「内容も含めて知っている」が保護者6.7%、教員24%と3割以下にとどまり、教育現場での合理的配慮の理解が進んでいないことが明らかになる結果となった。

問い合わせ先

LITALICO

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi Classi連携サービス 英語4技能 探求学習 プログラミング Classi IDで利用可! まずはトライアル
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • わせがく高等学校 すらら×通信制
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス