1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 弘前市/限度額3345万円で「『弘前式』ICT活用教育推進事業」の公募型プロポーザル

2015年5月1日

弘前市/限度額3345万円で「『弘前式』ICT活用教育推進事業」の公募型プロポーザル

青森県弘前市は4月28日、事業費限度額3345万円で「『弘前式』ICT活用教育推進事業」の公募型プロポーザルを開始した。

推進事業では、ICT活用教育のあり方や授業設計、利活用事例集を作成。機器の整備だけでなく、ICTを使用した標準的な指導方法の確立と水平展開モデルの策定を目的にしている。

まず、市内の大成小学校、相馬小学校、第三中学校、相馬中学校)をモデル校に指定して実施。その後段階的に全小・中学校にICT環境の整備を行う。

今回、委託する内容は、教員用タブレット端末や電子黒板機能付きプロジェクター、各種ソフトなどの納入と機器の設計・設定業務。

ICT活用事例集や調査・研究成果報告書の作成などの調査・研究業務。

ICT支援員の派遣などの運用支援業務となっている。

概要

事業名:2015年度「弘前式」ICT活用教育推進事業業務
質問受付締切:5月15日(金)16:00まで
質問回答:5月21日(木)
参加意思表明書受付締切:5月26日(火)16:00まで
企画提案書等受付締切:6月1日(月)16:00まで
契約締結:6月中旬予定

関連URL

「弘前式」ICT活用教育推進事業に係る公募型プロポーザル実施要(PDF)
プロポーザル各種様式(ワード)
「弘前式」ICT活用教育推進事業業務仕様書(PDF)

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス