1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 近畿大学/すべての業務システムをオンプレミスからクラウドへ完全移行

2015年12月21日

近畿大学/すべての業務システムをオンプレミスからクラウドへ完全移行

近畿大学は18日、全ての業務システムを、これまでのオンプレミス型サーバーから、クラウドプラットフォーム「アマゾンウェブサービス(AWS)」に完全移行すると発表した。同大学によると、すべての業務システムをAWSへ移行するのは、日本の大学では初めてだという。

1024

完全移行後のシステムイメージ

同大学では、2014年からインターネット経由でソフトを提供するSaaSのメールサービスの利用を開始。その結果、自前の設備にメールソフトを搭載して運用するよりも費用が1/10に抑えられ、トラブルもなかったことから、全業務システムのAWS完全移行を決定した。

同大学は、業務システムは、15年以上前から自前で管理するサーバーを使って構築・運用を行ってきた。現在の業務システムとAWS完全移行後のシステムを比較し、初期投資で約7割削減、10年間の初期投資とランニングコストを合わせた総費用では約2割削減できると試算。

まずは、財務会計や人事給与などの事務系システムを徐々にAWSに移行し、授業などで利用する教育系システムについても順次移行していく。今後約3年半をかけてAWSのクラウドへ完全移行する。

関連URL

近畿大学

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス