1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 近畿大学/すべての業務システムをオンプレミスからクラウドへ完全移行

2015年12月21日

近畿大学/すべての業務システムをオンプレミスからクラウドへ完全移行

近畿大学は18日、全ての業務システムを、これまでのオンプレミス型サーバーから、クラウドプラットフォーム「アマゾンウェブサービス(AWS)」に完全移行すると発表した。同大学によると、すべての業務システムをAWSへ移行するのは、日本の大学では初めてだという。

1024

完全移行後のシステムイメージ

同大学では、2014年からインターネット経由でソフトを提供するSaaSのメールサービスの利用を開始。その結果、自前の設備にメールソフトを搭載して運用するよりも費用が1/10に抑えられ、トラブルもなかったことから、全業務システムのAWS完全移行を決定した。

同大学は、業務システムは、15年以上前から自前で管理するサーバーを使って構築・運用を行ってきた。現在の業務システムとAWS完全移行後のシステムを比較し、初期投資で約7割削減、10年間の初期投資とランニングコストを合わせた総費用では約2割削減できると試算。

まずは、財務会計や人事給与などの事務系システムを徐々にAWSに移行し、授業などで利用する教育系システムについても順次移行していく。今後約3年半をかけてAWSのクラウドへ完全移行する。

関連URL

近畿大学

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス