1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. NEC/東海大学のデスクトップ仮想化基盤を構築

2015年12月4日

NEC/東海大学のデスクトップ仮想化基盤を構築

NECは3日、東海大学のデスクトップ仮想化基盤を構築し、運用を10月から開始したと発表した。

東海大学では、これまで職員の利用する事務端末のデスクトップ環境を、敷地内に構築したサーバで運用してきた。しかし、基幹システムとして、事業継続性・拡張性の向上が必要となっていた。また、日常のICT管理・運用の負荷を軽減したいというニーズもあったという。

今回、同大学は、NECの神奈川データセンターにサーバを設置し、職員が利用する事務用端末のデスクトップ環境を仮想化。これにより、同大学の職員は、別のフロアや研修センターなどの遠隔地からでも自身のデスクトップ環境を利用して業務が継続できるようになった。

また、厳重な災害対策、セキュリティ対策がとられている神奈川データセンターにサーバを設置することで、事業の継続性の向上や、IT管理部門の運用・管理の負荷軽減、コスト低減が期待できるという。

関連URL

日本電気

東海大学

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス