1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 明光ネットワークジャパン/定期テストを楽しくする学習管理アプリ「Yo!サボロー」

2016年1月20日

明光ネットワークジャパン/定期テストを楽しくする学習管理アプリ「Yo!サボロー」

明光ネットワークジャパンは、楽しく定期テストを乗り切るための仕組みを提供する学習管理アプリ「Yo!サボロー -定期テストを楽しく乗り切ろう!-」の配信を18日から開始した。

Yo!サボロー  –定期テストを楽しく乗り切ろう!-

Yo!サボロー –定期テストを楽しく乗り切ろう!-

個別指導塾「明光義塾」を全国展開する明光ネットワークジャパンは、中学生の生徒と日々向き合う中で、テスト前に学校へ学習計画表を提出する必要があり、”勉強の計画が立てられない”といった悩みの声が生徒から数多くあがっていた。

また、スマートフォンを”テスト前に触ると、親からの目線が厳しい”といった声も寄せられていたという。

「Yo!サボロー -定期テストを楽しく乗り切ろう!-」は、そうした声をもとに作られた学習管理アプリ。iPhoneとAndroidに対応している。

明光義塾のオリジナルキャラクター「サボロー」が登場し、定期テストを楽しく前向きに乗り切れるようサポートする。

アプリの簡単な質問と各教科のヤバい度を入力する「ヤバいよメーター」では、ユーザーに合わせた学習スケジュールが自動生成できる。学習スケジュールは、学校に提出する学習計画表の形式に切り替えも可能。

勉強予定の5分前になるとプッシュ通知してくれる「タイマー機能」を搭載。勉強時間に応じてもらえるポイントが獲得でき、友人とポイントの獲得数を競うこともできる。

「ログ機能」では、1週間の勉強時間をグラフで表示。タイムライン表示では勉強以外の出来事も確認できる。

友だちと学習状況を共有する機能、サボローのアニメーションやサボローによるコメントなどのコンテンツも提供する。

特大抱き枕やペンポーチが抽選であたるキャンペーンを、3月31日まで実施している。

関連URL

Yo!サボロー -定期テストを楽しく乗り切ろう!-

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス