1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 空想世界の現象を科学的に検証『空想科学読本』が電子書籍化

2016年3月28日

空想世界の現象を科学的に検証『空想科学読本』が電子書籍化

KADOKAWAは25日、特撮・マンガ・アニメなどの空想世界の現象を科学的に検証する大人気シリーズ『空想科学読本』の最新刊、『空想科学読本17 [いちばん強いのは誰!?]編』を刊行。あわせて、17巻目にして初となる電子書籍版を同時発売した。
同シリーズは、1996年の1巻目の刊行から数えて今年で20周年を迎える。

プレビュー・購入

今回刊行する『空想科学読本17[いちばん強いのは誰!?]編』では、これまでの20年の研究成果をもとに 新たにデータを検証。「最強キャラ ベスト8 いちばん強いキャラクターは誰」、走るスピード ベスト9 なんと第9位でもマッハ1」、「驚異的な子ども ジャイアンから翼くんまで」、「迷惑な科学者ワースト5 地球を滅ぼすつもりか」など、驚きと爆笑必至の20分野のランキングを発表している。

「空想科学読本17」では、大きなスケールの話が繰り広げられる空想世界のキャラクターや現象を題材に、20のテーマに沿って科学的に検証。それぞれの作品について、通常読むのとはまた違った角度からの楽しみ方を示している。

最初は「1冊出して青春の思い出にするつもりだった」と著者が考えていた本シリーズが、20年も続いてきたのは、ひたすら「楽しかったからだ」と著者は述べている。どこまでも大真面目に科学を追求すると「とてつもない面白さ」に繋がる。そこに人知を超えた「想像力」がある限り、『空想科学読本』シリーズはまだまだ続く。

書誌情報

書名:『空想科学読本17 [いちばん強いのは誰!?]編』
著者:柳田理科雄
発行: KADOKAWA/メディアファクトリー
電子版希望小売価格1200円+税
紙本価格1200円+税
配信予定日:2016年3月25日

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス