1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学研プラス、参考書シリーズ「中学ひとつひとつわかりやすく。」改訂版13点を発売

2021年2月15日

学研プラス、参考書シリーズ「中学ひとつひとつわかりやすく。」改訂版13点を発売

学研プラスは、同社の参考書シリーズ「中学ひとつひとつわかりやすく。」の改訂版13点を、11日に発売した。

「ひとつひとつわかりやすく」シリーズは、「いちばんわかりやすい個人授業」を参考書で実現することをめざして2009年に創刊。発売以来シリーズ累計680万部を超えるベストセラーになっている。(小・中・高向け全60点の合計発行部数:2020年11月時点)

今回、同シリーズの中学生向けのラインアップ13点を全面リニューアルし、電子版も全点同時発売。

同シリーズは、1回分が約15分。左ページの解説を読み、右ページの問題を解いて内容を確かめる。解説は難しい言葉をなるべく使わず、イラストを使っているのが特徴。

簡単に感じられるレベルから練習問題をひとつひとつ解き進めることで、参考書をはじめて使う人でも、苦手な教科でも、無理なく学習内容を身に付けられる。

今回の改訂のポイントは、オールカラー化と、ユニバーサルデザインへの配慮。全ページをカラー化することで、イラスト解説や写真が見やすく分かりやすくなった。

また今回、同シリーズ13点が、参考書としては初となる「MUD認証」を取得。文字の大きさや書体、色づかいに配慮や工夫を加えたことで、事前のモニター調査でも「色づかいがシンプルで、大事なところが分かりやすい」と好評だったという。

MUDは、様々な情報が、一般の人はもちろん、高齢者・障がい者・色覚障がい者、外国人などにも、見やすく、伝わりやすくするための配慮手法。

同シリーズは、音声CDつき・音声アプリ対応で、正しい発音を確認しながら、英語を学習できる。また、日常生活をテーマにした作文問題で、「英語を使う力」も伸ばせる。

さらに今回のリニューアルでは、解答解説は並べて答え合わせしやすい「再録式」を採用(国語を除く)。また、持ち歩いて使いたいという声に応えて、カバーを外すとシンプルなデザインで使えるように仕上げてある。

「中学ひとつひとつわかりやすく。」シリーズの概要

定価:本体1000円+税
発売日:2月11日(木)
判型:B5判/116〜156 ページ
電子版:同時配信
学研出版サイト

関連URL

学研プラス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス