1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 富士通が九州大にサイバーセキュリティ専門教育部門を寄附

2016年6月2日

富士通が九州大にサイバーセキュリティ専門教育部門を寄附

九州大学は1日、富士通の寄附による「富士通スペシャリスト育成研究部門」を、設置すると発表した。

グローバル規模でサイバー攻撃の脅威が増加する中、日本国内でもサイバーセキュリティに精通した人材の育成が急務となっている。産業界においては、産業横断サイバーセキュリティ人材育成検討会が組織され、大学寄附講座など、具体的な施策の検討・実施が加速している。

九州大学では、サイバーセキュリティセンターを2014年12月1日に設置。大学が担うべきサイバーセキュリティ対策の強化に向けた教育・研究に積極的に取り組んでいる。今回は産業横断サイバーセキュリティ人材育成検討会と連携した取り組みで、富士通の寄附研究部門として設置が決まった。

設置期間は2018年3月までで、「富士通スペシャリスト育成研究部門」によるサイバーセキュリティに関する専門的な講義は10月から開講する予定。多種多様な学部・学府の教育科目へのサイバーセキュリティ項目の導入のための研究開発、演習システムを用いたスペシャリスト育成演習コースの研究開発などに取り組んでいく。

関連URL

富士通

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 新学習指導要領対応!チエル クラウド型デジタル教材 基礎・基本 国語検定
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録