1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 金沢工業大学のチームが生活支援ロボットの世界大会に出場

2016年6月17日

金沢工業大学のチームが生活支援ロボットの世界大会に出場

金沢工業大学は、同大学の「demura.netチーム」が、6月30日~7月4日にドイツで開催される、人工知能を使った生活支援ロボットの世界大会「ロボカップ@ホーム」に出場すると発表した。

「ロボカップ@ホーム」は、キッチンやリビングルームといった日常生活環境で、人工知能を搭載したロボットが人の役に立ち、人とともに暮らしていくための技術を競う競技会。

競技では、2LDK程度のモデルルームの中で、ロボットが人間の音声指示に従い、棚にあるペットボトルやお菓子を取りに行ったり、人に追従して自律的に移動したりするなどの動作を行う。

「demura.netチーム」は、金沢工業大学 ロボティクス学科4年の永島一輝さん、同学科3年の榎本光洋さん、同学科2年の山川武聖さん、明聖高等学校3年で金沢工業大学夢考房Juniorに所属する出村賢聖さんで構成。指導教員をロボティクス学科の出村公成教授が務めている。

2015年7月に中国・合肥で行われた世界大会では第9位を記録し、2016年3月に愛知県で行われたジャパンオープンでは初優勝している。

関連URL

demura.netチーム

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス