1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 保護者の46%がプログラミング必修化に賛成、ジャストシステム調査

2016年7月13日

保護者の46%がプログラミング必修化に賛成、ジャストシステム調査

ジャストシステムは12日、『小学生のプログラミング学習調査』結果を発表した。

『小学生のプログラミング学習調査』では、習い事をしている小学生の子どもがいる母親553名を対象に、プログラミング学習に関するアンケートを実施した。

その調査結果によると、小学校で2020年度からプログラミングが必修化されることについて、小学生の子どもを持つ母親の46.5%が「賛成」、7.4%が「反対」と回答した。

必修化に賛成する理由として最も多かったのは「さらに進化するIT社会で、必要とされるスキルが身につく」(58.8%)、次いで「将来の職業の選択肢が増えるきっかけになる」(51.8%)となった。

現在、「プログラミング教室」に通っている小学生は、1年生が10.2%、2年生9.5%、3年生9.3%、4年生10.3%、5年生2.5%、6年生3.7%。

また、「プログラミング教室」を新たな習い事として検討中の母親は、1年生の子どもを持つ母親の22.9%、2年生は16.8%、3年生は17.1%、4年生は19.0%、5年生は16.1%、6年生は14.7%だった。

「プログラミング教室」を子どもの新たな習い事として検討している母親のうち、最も多くの母親が「プログラミング教室」に期待することは、子どもに「物事を筋道立てて考え、他者に正しく伝える力が身につくこと」(16.7%)となった。

調査概要

調査名 :『小学生のプログラミング学習調査』
調査期間:2016年7月4日(月)~5日(火)
調査対象:習い事をしている小学生の子どもがいる母親553名

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス