1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 第28回全日本ロボット相撲 九州大会開催 出場チームが決定

2016年10月26日

第28回全日本ロボット相撲 九州大会開催 出場チームが決定

富士ソフトは25日、11月6日に福岡工業大学で開催する『第28回全日本ロボット相撲 九州大会』の出場チームが決定したと発表した。

高校生の部は42台、全日本の部は162台、合計204台がエントリーしている。

ロボット相撲は、参加者が自作したロボットを力士に見立て、技術とアイデアで相手を土俵から押し出す競技。「全日本ロボット相撲大会」は、ロボット作りを通して『ものづくり』の楽しさを知ってもらう場を提供することを目的に1990 年から開催し、今回で28 回目を迎える国内最大規模のロボット競技大会。

全国9 カ所で行われる地区大会に参戦する約1300 台の中から勝ち進んだ128 台が全国大会に進出し、全日本の部の優勝者には文部科学大臣杯と文部科学大臣賞、高校生の部の優勝者には文部科学大臣賞が授与される予定。

大会概要

開催日時: 2016 年11月6日(日)11:00開会式/11:30試合開始/15:30表彰式
開催場所: 福岡工業大学 FITアリーナ [福岡県福岡市東区和白東3-30-1]
入場料:無料 (誰でも観戦可能)

大会詳細

<九州地区からの主な出場高校>
福岡工業大学附属城東高等学校
福岡県立浮羽工業高等学校
福岡県立鞍手竜徳高等学校
福岡県立八幡工業高等学校
大牟田高等学校
筑紫台高等学校
大分県立大分工業高等学校
大分県立国東高等学校
大分県立中津東高等学校
大分県立津久見高等学校
大分県立宇佐産業科学高等学校
大分県立鶴崎工業高等学校
大分県立日田林工高等学校
沖縄県立那覇工業高等学校
沖縄県立美里工業高等学校
沖縄県立沖縄工業高等学校
沖縄県立南部工業高等学校
沖縄県立美来工科高等学校

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス